TOP > スポンサー広告 > Title - ジュードが可愛すぎてつらいTOXプレイ日記?その5TOP > TOX&TOX2 > Title - ジュードが可愛すぎてつらいTOXプレイ日記?その5

2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08



スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

ジュードが可愛すぎてつらいTOXプレイ日記?その5 
おはこんばんちは、神崎空です。

現時点で25時間くらいしかやってないのに、何だか終わりそうな雰囲気だよ…?

ま、まさかねー!


まぁとりあえず、たとえ完全版出てしまっても、ジュード先生まじ天使だから普通に買うよ(

↓ネタバレ注意










町についていきなり落石事件。
大事にはならなかったが……エリーゼはここを知ってるらしい。
で、イスラって人が出てきた。

ここは闘技場があるとかなんとか。

そんでもってワイバーンを探す事に。
あっちの方にあるって言われてもどこだよ……。
って感じでうろうろしまくってやっと発見。
人に見つかったけど、ミラのおかげかワイバーンがすぐに屈服。
それを見てこの人達なら……とか。
え、これ闘技場フラグでしょ?
「我が部族の代表として闘技大会に――」

ですよねー!

まぁそんなもんだと思ったよ。
というわけで、闘技大会へ行く事に。
鐘がなったら来て欲しいとか言われて、一旦は別行動。

この辺記憶あいまいだけど、イスラがどうやらエリーゼを知ってるようだ。
それと、イスラはアルヴィンのお母さんの先生だとか。
後、適当にしてたら鐘がなった。
闘技場に向かうと残りの面子がもう来てて、それから闘技大会へ。
まぁ楽勝でしたよ、と。

ご飯食べた後に決勝戦とか言われたけど、横っ腹痛くならない……?w
そんでいざ食事ってなった時、落石事件が人為的なものだと発覚、その瞬間ミラが食事に手をつけるな!と。
アルヴィンが食べそうになってて危なかった(´・ω・`)
結局ミラの命を狙ったやつらのせいだったらしいけど、死者が多数出てしまったそうな。
そんでアルヴィンが飛び出していってしまった。アルヴィン絶対何かあるだろ……。
で、部屋に戻って、次の日にミラもどっかいった。ここでミラ編だとイベントあるんだろうか。
その後、2人で戻ってきて事情説明。

アルヴィンはミラの命を狙ってるアルクノアって組織と関係あるようだ。

そんで、町に出ると鐘がなった。
「えっ」ってなる皆に町の人が、闘技場いかないのか、と問いかけてきた。
何故分かったのか聞くと「この時期によその人が集まってるのは参加者か、観戦者くらいだ」とのこと。
それで何か腑に落ちないジュード。
でも急がないといけないからってとりあえず闘技場へ。

アルクノアの罠で、ミラの命が危ないけど、それを利用して捕まえれるかもって事で。
ミラは1人で来て、相手はジンを使った武器を持ってるやつ。
微精霊が死ぬからね、ジン使ったら…(´;ω;`)ブワッ

そしてエリーゼがイスラを見つけて、追いかける。
追いかけてる途中、人にぶつかってティポを奪われてしまう。
慌ててレイアが追いかけて、アルヴィンも参加。
ミラは3対1になりつつ「お前に任せる!」ってアルヴィンに言って、
アルヴィンは「どうなっても知らねぇぞ!」って感じで追いかける。
他の面子はミラに加勢して撃破。
その後慌てて追いかけるけど、時既に遅し。

キタル族の人が手伝ってくれて場所を突き止めた。
急いで追いかけるジュードたち。

中心に向かってどんどん下がっていくような場所に来て、エリーゼの足跡を見つける。
エリーゼはこんな場所に1人でくるとか凄いな…。
で、うろうろ探してると2人を発見。
アルヴィンは怪我してるみたいだけど、エリーゼは無事だった。
だけど、ティポがおかしくなってる。
どうやら仕掛けで動いてたらしく、記憶?が全く無くなっている。
ティポはブースターっていうのだったらしい。それでエリーゼの精霊術を増幅してたそうな。
ミラは寄り道をしてる場合じゃない、と町に戻る事を言ってエリーゼがしょんぼり(´・ω・`)
彼女の元気がないまま外に出ると、ジャオが。
密猟者を追ってたらしいけど、エリーゼの過去をちょっと話してくれた。
お父さんとお母さんはもう亡くなってるらしい……。後、エリーゼを攫ったのはイスラだとか。
それで励まそうとしたレイアに、エリーゼは辛い言葉をぶつけて走り去る。レイアは慌ててそれを追いかける。
ジャオに1人にしないでほしいと頼まれて、2人を追いかけて入り口の付近へ。
何とかなったのかとりあえず町に戻る事に。

町に戻るとイスラが出迎えてくれた。
ジュードはイスラの正体を見破る。町で最初に声かけてきた時と、
決勝戦の前の町の人の言葉を比べておかしいと思ったらしい。
イスラはアルクノアに利用されてた?みたい。
キタル族の人に言わないでと言う彼女に、ミラはエリーゼに決めろという。
エリーゼはどうでもいい、と怒ってしまう。

確かこのタイミングだったと思うけど、アルヴィンのお母さんにあったりして切なくなった。
お母さん、記憶が逆行してるみたいだった。
で、お母さんの薬の材料はアルクノアしか出せなくて、それを調合出来るのはイスラだそうな。
キタル族の人に黙ってるからって、薬の調合と母親をの事はそのまま、と。
流石にこれは酷いとは思うけど、アルヴィンを憎めないよな……。

発生したスキットで四大とミラの関係について、エリーゼとティポのような関係じゃないかと気がついて。
それで流石に酷だったか……とミラは思ったが、感傷に流されるわけには、と。

そんで、ワイバーンの飛ぶ許可を取るために王様に会いにいく事に。
雪原を抜けてる時のスキットが面白かったw
鼻水出すミラとか。
ただ、ティポがエリーゼの事をエリーと呼ばなくなったのがね(´・ω・`)
書き忘れてたけど、ティポはエリーゼが思ったことを勝手に喋ってしまうらしい。
本心とか、本人が覚えてない事とかも。

町についてまずは宿屋へ。
そこでレイアに酷い事を言ってしまうエリーゼ。へこんだけど空元気出してエリーゼを追いかけよう、とレイアが。
探してるとエリーゼとジャオが。すぐに居なくなったけど、エリーゼはまだ怒ってる。
レイアが傷ついた事がわかると、エリーゼはそんなつもりはなかったと謝った。
素直な子……!
でもティポは余計なことを言ってしまうw

エリーゼがだいぶ元気になって、それから城へいく。
丁度謁見の許可が取れたり、ワイバーンの許可が下りたりしてア・ジュール王に会いに行くことに。
警備の兵にティポを預けて、謁見の間へ。

ガイアスまじかっけぇ……!
威圧感も凄いし。
結局意見の相違やら、なんやらでやばいことに。

で、遂にアルヴィンが裏切った。
やっぱりねー!

まぁそんなこんなで急いで城から逃げる。
逃げてるときに仕掛け解除するときに一悶着あったけど、ミラのおかげで何とかなった。
やっぱ、レイアは気にしてたんだよね……。


で、町の出口付近で黒い人と、尻尾の女の人(名前忘れたよ\(^o^)/)が襲ってきた。
黒い人はブースターのせいで性格と髪の色がガラっと変わった。

ちょっと大変だったけど誰も死なずに撃破。

そんで、ローエンが微妙な気分になりつつ急いで町から逃げる。
闘技場の町まで戻ってくると、アルヴィンが合流。
利用してたとかいうけど、中々信用出来ない。そらそうだわ(´・ω・`)

そんなこんなでサブイベこなしつつ、アルヴィンを信用していいのかわからなくて不機嫌なジュード。
あぁ、ジュード先生マジ天使(*´Д`)hshs

そんなわけで、さぁワイバーンに乗るぞ。

アニメーションキタ━━━(゚∀゚)━━━!!
いやぁ綺麗だわ……そしてミラに必死にしがみつくジュードが可愛くてw

組み合わせは→ミラとジュード、ローエンとレイア、アルヴィンとエリーゼ
中々操縦難しいらしい。
やっと落ち着いて綺麗な景色堪能しているところに、魔物が襲ってきた。
慌てて地上に行こうとすると、ミラとジュードの乗ってるワイバーンが攻撃くらってしまう。
そのまま落ちる2人。
落ちた先が、ローエンと初めてあった町。
そこで追いかけてきた魔物と戦闘。
いやぁ……全滅するかと思ったよ('A`)

そんで戦いを終わらせると、ワイバーンの治療のため少し滞在することに。
で、何だか最後の会話っぽく1人1人に話しかけるイベントに。
ローエンが中々見つからなくて困ったよw

で、ミラと終わったらどうするか話して、
ジュードはミラと一緒に居たいとか可愛いこと言い出すしチクショウ可愛い!

まぁそれで、出発って思ったら……準備はよろしいですか?って
ラスダンフラグじゃねーか!
まぁおkするよこの野郎って言ったら、イル・ファンの近くの道に到着。
ためしにR3押してみたらワイバーンに乗ってどこでもいけるようになってた。
とりあえず、サブイベやろう★

そう思って私セーブして終了したわけです。



次回が最後の更新にならんといいんだが……w
流石にまだ終わらないよね、あの4人とも戦ってないし。
てかそもそもまだ秘奥義見てないよ!?

スポンサーサイト

THEME | GENRE ゲーム |
TOX&TOX2 | CM : 0 -

COMMENT LIST



COMMENT



COMMENT FOAM

SECRET
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。