TOP > スポンサー広告 > Title - 裏ルート、リアルタイムプレイ日記TOP > ソルクレ > Title - 裏ルート、リアルタイムプレイ日記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11



スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

裏ルート、リアルタイムプレイ日記 


めっちゃ細かく行きたいです。これが私にとってのメインなのでwwwwww




まあ、恥ずかしいのと超ネタバレなので反転で。



台詞ほぼ載せるので注意(ノ∀`)





裏ルート(*´∀`)ウフフ

む、ダネットに勝ったらほめられるのねww

きたきたあああああ!!
融合~(*´∀`)



よしよしwwww

レ「行ってもらえますね?」
リ「……」
レ「……仮に断りたいのであれば致し方ありません。時間はかかりますが……別の方法を……」
ダ「おっ、お前、断るなんて許しませんよ!」
リ「……どうして、私なのですか」
レ「それは……。ギグが融合したあなたにしか出来ないことなのです」
リ「そのためだけに、育てた?」
ダ「なっ……。お前、何を言ってるのです? レナ様に頼まれるなんて、とても名誉なことなのに!」
レ「……」
リ「……勝手なことばっかり……」

随分だなりベア……w
ギグと融合して、黒い部分出てきたのかな?
そうじゃないとおかしいよねww

レ「……。……どうしたのです? いつものあたならしくありませんよ?」


また選択肢が

・ごめんなさい……。 
・うっとうしい。

はいはい、うっとうしい。


ギがもう外に声出せるようになってるw
ギ「クックックック……らしく、だと? ババァ、こいつの何を知ってるってんだ?」
レ「ギグ……」
ギ「おおっ、もう外に声が出やがんのか。馴染みが早えーな、この体……。
   こいつ、オレのこと大歓迎みてーだぜ?
   ババァ。融合してるオレにはこいつの考えてることがよーっく伝わってくるぜ。
   教えてやろうか?」


ギ「世界なんて知るか。みんな死んじまえ、だ!!」


おほwwwいいねいいねwwwΣ(ノ∀`*)


っと、レナのこと殺したwwwww

ギ「どうした、相棒?」
リ「……動けない!」

里のやつらが止めようとしてくる。

ギ「……ウゼぇな! おい相棒、蹴散らすぜ!」
リ「わかってるよ」

なーんかすげぇなw

ほわっ!!

動くとき「甘い……」
ってかっけええええええ!!!!
やってよかったwwww

里の人のもかわってるね。
「止めてやる!」「どうして……」とか。

凝ってるなぁw


ダネット変わってないのが寂しいね。

メイリーン「それがあんたの行く道なら行くがいいさ。行けるもんならね!」
リ「それで邪魔してるつもりなの」
メ「……あの優しかったお前は……いなくなっちまったんだね……」

切ないが私にはどうでもいいや。
ごめんねw

って、なんで中衛にいるのw

ガデウス「ネイ、下がってろ! お前は赤子に必要なんだよ! こいつはオレにまかせるんだ!」
リ「赤ん坊? くだらないね」

おまww

ガ「お前っ……! あんなに喜んでくれたじゃyないか! あのお前はいないのか!?」

そうなのか……。たしかにやさしいもんね、表では。

ぶww
声ww
「いいねぇ……」

ちょwwどんだけ悪役ボイスwwwかっけぇwww

ネイ「きみ、正気なの? ……正気みたいだね、でも狂ってる」
リ「じゃあ殺してあげるよ」
ネ「私が死んでも、赤ん坊と世界は殺させない!」

もうヘッドフォンで聞くわwwwwかっけぇw

ベン「(略)かかってこい!」
リ「言われなくても」
ベ「(ry」

ごめん、めんどいww

バン「(ry いや、嘆くのはよそう」
リ「無理しなくていいよ」
バ「年寄りと甘く見るな、覚悟せい!」



ギ「チッ……これだけの人数相手だと、今のままじゃ辛ぇな」
リ「ギグ、力くれる?」
ギ「クックック……来たか。おうよ、いくらでもくれてやるぜ! そのかわり、だ。取引、覚えてんだろ?
 一度に大きく力を貸してやると、お前が意識を保ってられる時間がすげー短くなる。それでもいいんだな?」
リ「(とばしちゃった;)」
ギ「クックック……、取引成立だな。いくぜ!」
リ「力が流れ込んでくる……」
ギ「これで、お前はこいつらと対等に戦える。せいぜいがんばんな……クックック」

えーと、ここで全注入もらってもこまるんだけどw


ダ「よくも……よくも……。殺してやる、殺してやる……」
リ「みんな死んじゃえ」
ダ「お前っ……! お前を殺して私も死ぬです――!」


「死んでくれ……」
かっこいいわ……(*´д`)ハァハァ

ギ「クックック……強さのレベルをてめーらのモノサシで計るんじゃねぇ」
ダ「お前っ……なんとか……言いなさいっ!」
リ「いいから消えてね」

うはぁ……w

あ、音がw
かっこいいのぉww

ギ「んで、どーすんだ、これから」
リ「どれだけ強くなってるの」
ギ「ま、たくさん力貸してやってるからな。世界を喰らう者も軽いんじゃねーの?」
リ「じゃあ世界を喰らう者と戦ってみるよ」
ギ「クックック……。面白ぇなお前。いいぜ。今から行くか?」


ぶはwwww
禍人wwwどんだけドラゴンボールwwwww

まあ、これでレベル上げさらに早くなるねwwwww
あ……GP足りなくなったwwwww
仕方ないなぁ……(*´ω`)


とりあえず、9人にしないと効率悪いからGPためるか……。
ちょっとマイホームの空き部屋にもぐってきます。
80にしたらGPもそこそこたまるだろうしねw
RPも欲しいし……w


ダメだ、裏ルートのリベアのボイスかっこよすぎるwwwww


よし、200弱になったのでフィーヌに喧嘩売ってくるww

リ「あれが世界を喰らう者……」
ギ「たいしたことねーよ。オレの元部下にすぎねーからな。
   つーか、うっとーしそうなヤツらがいるな……」

コーホートktkrwwww

コーホート「お前! そこのお前だ! 私は騎士団(ry」
リ「世界を喰らう者を倒しに」
コ「……からかってるのか? 阿呆の相手を(ry」
ギ「クックック……放り出せだとよ。こんなヤツら、屁でもねぇ。
  相手にすんな。世界を喰らう者だけねらえよ。
  おっと、こっちに気付きやがった。フィーヌのヤツ、めずらしくやる気か?
  だったら面白ぇことになる……。
  つーか、相棒……お前も楽しそうだな。もう、目つきが人間じゃねぇぜ。クックック……」

リベアどんな顔してんだwww

ヨードたち出てきて、顔も見せずに去って行ったwwww

リ「今の、何」
ギ「知るかよ」

だよねww

はぅvV
殺神遊戯での「もっと……もっと力を……」が淡々としててカッコヨスwwww
悶えそうです。

リ「面白くないね」
ギ「まあな、結局強ぇのは最初の一発だけだったな。やっぱり本気じゃねぇってことか。
  こいつ、フィーヌは一番大人しいんだよ。オレが使った200年前よりも、ずいぶん大人しくなってやがる。
 んん? なんだ、こいつ邪魔だな」

ぶw

コ「……こっ、腰が……。たっ、助け……」
ギ「ちょうどいい。こいつ、支配の力の実験台にしちまおうぜ」
リ「うん」
ギ「うんってな……ホントに分かってんのかぁ? 説明しねーぞ。ほら、支配しな」
リ「支配していい?」
コ「はっ、はひっ! 支配でも手下でも、靴なめでもなんでもっ!!
  だから命は、命だけはっ……!」
ギ「……おめぇ、すげぇ迫力だな」

ギグもびびる迫力って……声つきでしゃべってほしかったww

ギ「……支配成功っと。これでこの腰抜けを召喚できるようになったってわけだ。
  腰抜けだから必要ねーけどな。ま、なんかに利用できるだろ。
  この場にいなくても、いつでもどこでも召還で呼び出せる。何をしててもだ。
  ……便利だろ?」
コ「い、い、いまの声は一体っ!?」
ギ「この相棒の中に同居中の、超抜無敵のギグ様だ。覚えとけ」
コ「はっ、ははぁ!」
ギ「オレ達これから隠れ里に帰るからよ、先に行って掃除しておけよ」

 ぶwwww

ギ「行き先はあー行ってこー行って、そこ潜って右だ!」

 適当すぎるだろwww

コ「はい……」
ギ「逃げても無駄だぜ? 綺麗にしとけよ?」
コ「は、はいっ……!」

リ「眠い……」
ギ「クックック……。ゆっくりと眠りな……。
  体のことはオレに任せとけ。悪いようにはしねーよ……クックック」

ギグも楽しそうだねw

11日後ってww


えええ、なんでwww

ピネ「あーさでーすよー。おーきーてー!!」
リ「……」
ギ「よぉ、相棒。やっと起きたか。お前が寝てから10日以上たったぜ?」
リ「……この子、誰。」
ピ「ぼくピネ! なんかねぇ、水棲族のところにいたんだけど、セプーの兄ちゃんにさらわれてきちゃった」

コーホート長いから略w
ピネ、生贄にされたらしい。

ピ「へへっ。ホントはスパイしろって言われてるけどねー。
  めんどくさいし……強い人すきだもん。面白そーだからぼくこっち側につくね。
  なんでもするよー!」

いいのかwwww

リ「生け贄? ギグ……何やったの」
ギ「クックック……ちょっとな。気にすんなって」
コ「あれはやり過ぎ……いえっ、なんでもありませんですはい」

おまwwwwwwww
マジで何したのwww

ギ「……言いたいことがあれば聞くぜ?」
コ「いっ、いえっ」
ギ「……まあいい。ほれ相棒。せっかく起きたんだ、なんかして遊ぼうぜ」
リ「力がみなぎってる……壊したい」

怖いってリベアwww

ギ「いいぜ、いいぜ……! お前は最高だ……。
  じゃあ次はヌトラなんてどうだ? 世界を喰らう者としちゃ、さほど強くはねーが、知恵は回る。
  楽しめるんじゃねぇか?」
コ「ヌトラ!? ヌトラ教でありますか!? それなら逃れ水の砂漠に集落があるはずです!
  アピス信仰と対立(ry」
リ「じゃ、ヌトラ教徒、壊れてるかな?」
ギ「お前ほどじゃねーだろうけどな、クックック……。
  今のお前はオレの力引き出してっから、たいがいの場所へはひとっとびだぜ?
  どうする? 行くか?」

 便利だなおいw

ピ「楽しそう! ぼくも連れてってー」


壊しに行く ってw
楽しいわww

ヨード達www
飛んでるリベア達見てるwww
あら、国に帰るとかww

コ「こっ、ここに世界を喰らう者が!?どっ、どこだ!? どこにいる!?」
ピ「へええ~、ここは来たことないや。砂ばっかだねー。おみやげに持っていこーっと」
リ「どこにいる?」
ギ「おい、ヌトラ! いるんだろ? 出てきやがれ!」
ヌトラ「ナンダ騒ガシイ……――!! ゴ主人様!! マ、マタ何カ……!」

また?w

ギ「クックック……今日は相棒も連れて挨拶に来てやったぜ?」
ヌ「ゴ主人様ノ挨拶、強烈。コノ間モ、200年ブリニ会ッタ思ッタラアンナコトヤコンナコト……。
  アア! 思イ出スダケデ寒気スル……。信者喰ッテモ、復活ニ3日カカッタ……」

ぶwwwwwカワイソwwwww

ギ「クックック……3日ですんでよかったじゃねーか。 
  今日はもっと可愛がってやるからよ。楽しみな!」
ヌ「ク、クルテッグ! 信者ドモ! 出ルンダ!」
クルテッグ「何事です、ヌトラ様! ……この者は?」
ヌ「悪魔ダ。コノ悪魔、滅ボセ!」

悪魔って言われたw

ク「承知しましたわ!」
ギ「竜人族の教祖に人間やセプーの信者ども……。よくぞ集めたもんだ。
  相棒、思う存分遊べるぜ?」
ピ「みんながんばれ~~っ!」

戦闘です。
タイプしてたら手痛くなった(*´ω`)
でもやめないぜ。
クリアまですごい時間かかるだろうなー。
まあいいやw
じっくり見れるしw

ク「うう……この強さ……なぜそれほどまでに強いの!?」
リ「さあ」
ギ「こいつが強ぇのは、縛りがないからだぜ? オレの力を引き出すのになんの躊躇もねぇ。
  自由なんだよ、心がな……ククク」
ク「まあ……この声は……?」
リ「死神の声だよ」
ギ「クックック……こっちの世界のヤツらにゃ死神だろーな」
ク「いいえその声はまさに唯一絶対の神の声! 私は騙されていたのですね!?
  私としたことが、神の声を聞き誤るとは……」

うぇww
卑怯だなぁこいつもww

ギ「ああん? なんだてめぇ……」
ク「おほほ……分かっております、分かっておりますとも!
  あなた様こそが唯一絶対の神!
 あの、ヌトラという悪魔を滅ぼせばよろしいのですね!?
 微力ながらお手伝いいたしますわ!」
ヌ「裏切ッタナ、クルテッグ!! ワタシガ神ダ! (ry」

ライトかよ、おまえはww

クルテッグよえーw
すぐ死んだw

ヌ「マ、待テ! 止メロ! コレヲ見ロ」
ピ「きゃーっ。ごっめーん。ぼく捕まっちゃったー。ぼくのことは気にしないでー」

危機感0だのw

リ「うん、間抜けだね」
ヌ「グゥッ! ……何故ダ……! 人間、人質デ動ケナクナルハズ!」

だ、だめだ……腕痛いwww

気に入ったところだけにするわwww

ピネ……このリベアをかっこいいとは……w
ピ「人質気にしないなんて、悪の中の悪だねっ!」

ギグが大丈夫かのこガキってw

ギ「よお相棒、すっきりしたか?」
リ「まだ足りない」
ギ「力をやりすぎたか?
  クックック……まあいい。力が余ってんならそこの街でも壊しとけよ」

うぇwwww
街襲ってるwwwwこあいwwwww
リ「死んでね」

リ「こんなの貰ったよ」
ギ「それ貰ったんじゃねーだろーが。お前、オレよりすげーかもな。
 オレでもあそこまではしねぇ……。お前には同族への慈悲ってモンはねぇみたいだな」

ギグもびっくりですねw


クルテッグに呼び止められて返事するリベア。
ギグに突っ込まれるよねww神って呼ばれて返事したんだしww

クルテッグ支配~。

クルテッグこえぇwww

あら、ヨスト!
それにソーンダイク! 表じゃ死んじゃったよね……。
なんかあれだけど会えてうれしいわw

ほぉ、捕まえに来たのか。

あら……ピネがどうしてこっちにいるって知らなかったのか。

ギ「……オレ達を利用しようってのが片腹痛ぇが失敗してやがるのは面白ぇ……ククク」

ギグ……w

ちょw
ヨスト「――ピネの可愛さを理解できぬ愚か者め!」
おまww親ばかは顕在ですかwwww



リ「つまんないね」
ギ「……おめぇ際限がねぇな。どうすんだよ、さっさと皆殺しにすんのか?
 それとも何かしたいことがあんのか?」

このまま戦う
戦い合わせる <]

えへ(ノ∀`*)

リ「騎士団と水棲族、戦ってよ」

リ「勝った方に返してもいいかな」

……w

ギ「クックック……面白ぇこと考えるじゃねーか、相棒。ほれ、てめーら戦えよ」


ギ「お前……いい面構えしてんぜ、相棒?」

ナニコレwwww楽しいwww

とか思う私は、病んでるのかな?
黒いの大好き(*´д`)ハァハァ

リ「まだ足りないな」
ギ「クックック……」

ぉ、ソーンダイクに何か策があるようだ。
投降するからピネ返せって言って、リベアが団長以外帰ってもいいけどピネは返さない、と。

ギ「おらおら、騎士団ども! ご自慢の団長は裏切りやがったぜ!?
  さっさと国に帰って報告しやがれ! ひゃーはっはっは!」

え?
コーホート壊れた?


あ、またリベア眠いそうです。
ギグ何やらかすのかな。

22日後って……。


え?
ピネが女ことばになってるww何事ww
しかも世界の敵になってるとかねw
ああ、なるほど……。女の振りしたほうが情報手に入れやすいってか……w

リ「……おはよう」
ギ「起きたか、相棒。
  どーやらオレ達、世界の敵になったそうだぜ?
 どうだよ? 極悪人になった気分は? クックック……」

よく分からないよ
気分いいね   <]

悩んだww

クラスターが兵士集めてるのか。

リ「じゃあお望みどおりにしてあげよう」
ギ「また皆殺しか? 相棒。おめぇ、本当に楽しそうだな」


え?

リ「そういえば、元副団長は?」
ギ「クックック……さてね。ま、元騎士は2人もいらねーんじゃねーの?」
ソ「む……」
ピ「あー」
ク「ほほほ……」
リ「何があったの」
ギ「なんでもねぇよ……クックック」

なんだよwww

コ「早くしないと……アレが来る手。ヒッ……! やめて……! #※凸○◇~~!」

何があったんだよwwwww
窓際はいやってなにwww


ぉ、レビンだww
これ終わって飽きてなかったらレビンルートもやりたいね。



ちょww
ソーンダイクに
「働かないならわかってるよね」
極悪ぅww

運が悪いとか言われておりますが……ってあれ?w
死なないとか……やっぱラスキュラン?の力かw

リ「……なんで倒せないの」
ギ「なんだこいつ? ただのザコじゃねーのかよ。なんか術でも使ってんのか?
  ……いや、そういうわけじゃねぇな……。よくわからねぇ」
レ「お前ら弱い! オレは強い! あっはっは!」

おまw調子こき過ぎだwww

リ「――! ギグ、もっと力を!」

おぉ、裏で初めてっぽい感嘆符がw

ギ「クックック……珍しくキレたな相棒。いいぜいいぜ。もっとやっちまおうぜ!!」
リ「……」
ピ「どうしたの? お腹さすったりして、ぽんぽん痛いの?」

ぽんぽんってw

リ「帰る……」

え?w

ギ「ああん……!? なんだよ、そりゃあ!!
  せっかく面白くなりそうだったのによぉ! そりゃないぜ相棒……!」
リ「お腹すいた……」

ぶwww可愛いなおいw

ギ「まじかよ! 飯なんかいつでもいーだろ!?
  って、もう帰ろうとしてるし! あああー!」

ぉww昨日の風の人だw

ぉ、やっとソーンダイクわかったか。
国王が全部悪いんだよ^p^

ロドとか仲間になったw

ぉ、

リ「善は急げだよ」
おまえ……最高だw

ジンバルト笑い出したしw


ま、寝ますwww



ヽ(*´∀`*)ノ おやすみなさ~い♪
スポンサーサイト

THEME | GENRE ゲーム |
ソルクレ | CM : 0 -

COMMENT LIST



COMMENT



COMMENT FOAM

SECRET
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。